〒300-2505 茨城県常総市中妻町2471-10


2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

午前のみ  休診日
午後のみ  予約日

〒300-2505
茨城県常総市中妻町2471-10
TEL:0297-25-1515
診療時間
午前 9:00〜11:50
午後 4:00〜 7:30
往診 午後 1:00〜3:00
休診日 水曜日
日・祝は午前のみの診療となります

鍼灸治療


当院は西洋医学治療、東洋医学(中医学)治療がお互い補助し合いQOL(生命の質)を高めて身体に優しい治療、動物を癒しながらの治療、諦めない治療がご提案できればと考えています。

中医学の目的



・自然治癒力を基本とする
・環境と人間を相関的にとらえる
・バランスを重要視する
・身体に優しく、動物を癒しながら治療する

鍼灸・マッサージによる治療は免疫を上げることが一番の目的であり整体のバランスを整え、免疫が上がると投薬の効果を上げたり、投薬量を減らすことが可能です。特に鍼灸治療というのは体全体に分布しているツボを刺激する事で本来持っている自然治癒作用を高める効果があります。神経を刺激し、血液の循環を良くしたり、筋肉の硬縮を防止して痙攣の緩和をさせたりします。

治療方法


針法
当院では「日本獣医中医薬学院」の治療方法である「3-E針法(Veterinary 3-E Acupuncture System; V3-EAS)」を行なっております。獣医3-E針法とは、伝統的な中医学理論に則り、獣医領域に応用、開発したもので、少数にして精な針と独特のテクニックを特徴とする針法です。3-Eは、Economy(精簡)、Efficient(快速)、Effective(実効)の3つの頭文字を表しています。基本的に保定が必要なく患者動物は気持ちよく、リラックスでき、少ない刺針でより高い効果を生み出します。

お灸・温灸
お灸・温灸を行なう事で身体を温め、血流を良くし免疫能力を引き出し、痛みや冷えを改善させます。ヘルニア、腰痛や内臓疾患にも効果があります。

推拿療法 (現在推拿研究科に所属し勉強中)
針法に対して敏感な動物は推拿療法を行う事も可能です。体表面を推したり、摘みあげたりすることで刺激を与え、その反射効果により疾患を予防したり治療する方法で、中医学の三大療法(鍼灸、中薬、気功・推拿)の1つです。
上記の治療法は、西洋医学では効果が出なくなった、高齢動物のため強い治療は避けたい、身体に優しい治療をしてあげたいなどの動物にはこの治療法は最適かと思います。

漢方治療
症例によっては鍼灸と組み合わせるとより効果が得られる症例、体質改善が効果的な症例もありますのでご相談下さい。
当院では煎じ薬は使用しておりません。

治療時間: 病気によって異なりますが、約15~30分位です。
治療費: 治療内容によって異なりますが、1回2000~5000円位です。
通院期間: 病気によって異なりますが、毎日~1ヶ月に1回と様々です。
通常、経過が良ければ間隔をあけています。

<注意点>
1、全ての症例に適用できるわけではありません。(感染症、腫瘍など不向きな症例もあります)
2、副作用・合併症等を防ぐため、必要と思われる場合は血液検査、レントゲン検査、超音波検査等を受けて頂くこともありますのでご理解下さい。
3、治療を受ける動物の性格によっては施術できない場合もあります。
4、効果には個体差があります。体質等によって同じ症状でも反応が違う事があります。
5、鍼灸治療はすぐに効果がでるものでもありませんし、病気によっては継続的な治療が必要なケースがありますので継続的な通院をご提案する事がありますのでご理解下さい。

Copyright (c) 2014 NAKATUMA ANIMAL CLINIC All rights reserved.